周辺機器をおニューに(死後?)

小学校の時に座布団を敷いていなかったので、お尻がテカテカだったドリえぼんです。

今日は新しくマウスとテンキーを新調したんですが、比較してみると古い方はバフ掛けされたのと同じようにテカテカになってるのがよく解ります。

まあドリえぼんにとって周辺機器は、最も壊れやすい消耗品だし…

(‘A`)「打楽器?!だから、シャアナイケドネ。」

いつものように会社で開封したんですが、従業員の方々にも…

(‘~`;)「(マタかよ。)」

って目でみられてるんでしょうねぇ。ある意味浸透したので、これからも心置き無くヤらせてイタダキマスね。

外国産によく見受けられるプラスチックのブリスター包装?クラムシェル包装?ってよく解りませんが、これが開けにくいのなんの!!

(# ゚Д゚)「超絶イライラ感っぱないっす!」

調べたらラップ・レイジ(ウィキペディアリンク)と言葉までありました。それだけ同じ思いをされている方が多いと言う事なんでしょうね。

ハイ。開封完了です。取説がありましたが翻訳ソフト使ってやってるような…

(-"-怒)「カタコトの説明書が付属されていましたよ。」

英語表記がスタンダードなのでしょうがありません。(速攻捨ててやりました。)

マウスは、新古品みたいな2週間程した使ってない物が家にありましたので、ソレを会社に持って来ました。

ちょっと感動したのが、ロジクールの拡張ボタン割り当てソフトが繋いだ2個のマウスをそれぞれ認識してました。凄くないですか!?

コレだったら1個だけマウスポインタの裏面にテープ貼って殺して、割り当てボタンのみにして使う事もできるんじゃないのって思いましたが、もしかして…

(^–^#)ムム「俺しか需要なくない?!」

コメントを残す