日常生活に洗濯って大事だね。

実は前回ヤマダ電機で買った洗濯機(その時のブログはコチラ。)が納品時にドリえぼん家に収まらなくてNGになってしまいました。

ちゃちゃっと下見を終えた据え付けの人に、まず言われたのが…

(-“”-;)「購入する時にサイズは確認されました?」

って、失礼な。う~ん。大体測ったつもりなんですけどねぇ。サイズもジャスト収まっているように見えたんですが、駄目でした。

この結果で一番辛いのが洗濯機が2週間ないって…

(;Д;)「マヂィキチ、ありえねぇ!」

この間、実家通いしてくれた嫁に心から感謝の意を表します。(アリガトゥッス!)

(↑画像参照&閲覧注意)排水パンの大きさと周りの広さが問題になってくるらしいです。排水ダクトまでのホースの取り回しが設置した後に出来ないと、排水でトラブルになった時に面倒になるんだとか…

なので排水ダクトは設置した後に手が届くところにあったほうが良いみたいです。
(排水パンが角にある家は洗濯機をズラして設置できないため、注意が必要とのこと。少し幅が狭めの高さがあるタイプがオススメです。)

まあ、ヤマダ電機で最初から選び直しになってしまいましたが、コレが…

(#´Д`)「お安めなのが無いんだな。」

渋々、店員さんの口車に乗って「どうにでもしてくれぃ」って感じになりまして、総額17万ぐらいのやつを買ってしまいました。

image

ちょっとお高めの洗濯乾燥機はヒートポンプ式になっているらしいですよ。

洗濯機の乾燥方式は、大きく分けてヒーター式(水冷式)とヒートポンプ式の2つのタイプがあるそうです。大きく分けると省エネ効果の差なんだとか。

省エネ効果はヒートポンプ式乾燥が優位らしいですが、ランニングコストやその他の機能と合わせて検討することをオススメします。

まあ本当か嘘か解りませんが、ドリえぼんが店員さんに言われたのが…

「1回の乾燥で電気料金の差が50円とすると年間1万8千円程度の差になります。」

う~ん。ドリえぼんは人間不信の塊なので、素直には聞き入れできませんね!!

取り敢えず、下記にアマゾンのリンク載せて起きますね。参考にどうぞ。

 

今日のランニングダイエットの結果報告
(今日は散歩中の脱走したワンちゃんを捕まえたら、メッチャ感謝されました。良いことすると気持ちがいいっすね~)  

コメントを残す