オレ流サポーターのやり方

はーい、どうも。今日はサポーターのお話しです。
まず、何故ドリえぼんがサポーターをするのかですが、

(o・ω・o)「足首の衝撃を緩和したい!」

ってコレ一択になるんですよね。サポーターで予防する痛みって人それぞれ目的が異なると思いますので簡単に箇条書きにしてみました。

  1. 冷えると痛む。
  2. 衝撃で痛む。
  3. 動かすと痛む。

と、まあ色々ありますね。自分は走っている時だけ痛むので衝撃を緩和するやり方になります。ランニング中の足への負担は歩きと比べて約三倍になるんだとか…

一回足首が痛くて病院に行ったらスジが伸びたようで、一ヶ月くらい走れない時がありました。(癖になると再発しやすい。完治まで待つのが絶対条件!)

ヤル気があるのに何もできないって辛いと思います。そこで病院でOKをもらったサポーターのやり方をちょっと紹介したいと思います。

固めのホールド性の強いゴムサポーターで、足がムリな方向へ動かないように固定します。

その上から100均とかの柔らかめのサポーターで調節しています。これは衝撃に応じて重ね履きしたり、靴底のインソール(中敷き)入れたりして調節してください。

とまあ上から目線で言うとりますが、晩酌しなきゃダイエットはもっと楽になります。これが辞められないんですよね。

(≧ω≦)「今日の自分へのご褒美!」

ってゆう、甘い囁きに毎日負けてしまいます。肴は(ツマミ)は…

o(*´ε`*)o「♫炙ったイカでいぃ〜♪」

(※舟唄参照)やっぱコレでしょ。ドリえぼんのスルメの炙り方はラップでくるんで、レンジで1分が基本です。(…う~ん。炙ってないかも…)

 

今日のランニングダイエットの結果報告
(昨日は遅くなったのと今日は雨なので走っていません。もれなく体重がV字回復中で御座います。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください