Lケーブルを計測してみた。

今日は ライトニングケーブルの電圧と電流を計測してみました。
電圧はサムネイル画像のような結果になりました。
まあ電圧の5ボルトはAC→DC充電器が一緒なので当たり前でしょうけどね。

それより重要な電流に違いがありましたので、写真を撮ってみました。電流が規定値にないと…

(・д・)チッ「充電時間が長い!動作不安定!」

と、こんな症状があったりします。まず電流を見ていく前に最初に断っておきますがiPhone5を使用していますので、今ハヤりの高速充電には対応していないので、あしからず。

では純正から計測していきますよ〜。

良かったぁ。規定値の1A(アンペア)出てますね。これで違ったら話になりませんからねぇ。

次はAmazonブランドのヤツで計測します。これはApple社 MFi(Made for iPod/iPhone/iPad)ライセンスプログラム認定のケーブルです。

ハイ!これも合格ですね。ちょっと純正より高めですが誤差の範囲でしょう。

最後にちょっと不安な、クソ安いMFi認定じゃないものを計測してみます。

(>ω<、)「ヤッパリ1Aない…」

たまに充電できなくなることがあるんですが、もしかしたらこれ以上に電流降下が起こって充電不可になったりしているのかもです。

皆さんも確実に充電したい時は格安品は注意した方が良いかも知れませんね!

 

今日のランニングダイエットの結果報告
(ガチで走るつもりだったんですが、ちょっとムリかも。
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク。途中酸欠で倒れそうになりましたもの。)

コメントを残す