キーボードの話(その2)

image

キーボードの種類については価格ドットコムさんのサイトが解りやすいとおもうので…下にリンク貼っときます。

タイプで選ぶキーボード特集

パソコンを初めたときはストロークが長いメンブレンが嫌で短いパンタグラフにして高速タイピングを気取っていましたが、タイピングの達人のN氏に会い今までの考え方がぶっ飛びました。

その人は早く打つのがメインではなくて楽しくリズミカルに打てるメカニカルを好んで使っていました。どうもそのタッチ感と打音が好きみたいで、そのMYキーボードでないとやる気にならないらしいです。

メカニカルや静電容量式などは結構値段がお高いので踏ん切りが付かないんですよね。今のキーボードでも不満ですが使えるし、コロコロ変えてたら嫁から非難をあびそうなので…

本当は↓こいつが欲しいんですけど、値段が基地外じみてるぅ〜。

事務仕事の嫁はピアノをやってたからか知れませんが、キーストロークが深いやつじゃないと嫌らしいです。ノートパソコンなのにロジクールのメンブレンの外付けキーボード使ってる変な奴です。

(`・ω・´) 「でもメンブレンは昔から嫌いですがロジクールの製品はどれも良いから不思議です。」

キーボードの好みって人それぞれなのでオススメ的なものって難しいと思いますが「これ良いよ。」ってのがあったら連絡いただけると喜びま〜す。

あと今使っているパンダグラフはホームポジションを見失う感じなので…

( ̄ー ̄)「フッ! 見てないのに何言ってんだろ。感覚でホームに帰れなくなるってやつですかね。」

とりあえずはもっとガシガシ打ててホームに正確に帰れるキーボードを探していきたいと思います。あえて種類は問わないでいきたいと思います。(Mac専用のものって少ないので苦労します。やっぱりアップル純正になっちゃうのかなぁ。)

マウスもそうですけど本当に入力機器は…

奥が深い。深すぎる!!

 

今日のランニングダイエットの結果報告
(今日は雨降ってるのでお休みにします。サーセン。)

コメントを残す